アトピー新薬 コレクチム軟膏を使用してみた感想

コレクチム軟膏アトピー

こんにちは~ももっちです。

今回はようやく僕もコレクチム軟膏を処方してもらえましたのでその感想を記事にしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

コレクチム軟膏の感想は?

今回使用した方法ですが左腕にコレクチム、右腕にプロトピックを使用しました。

期間は処方されてから約2週間。

朝と夜に一日2回塗るようにしました。(使用方法もそう書いてあります)

試した感想ですがどちらの腕も治ってきている感じがします。

僕のアトピーは普段起きているときは我慢できるレベルのかゆみで無意識に書いてしまうレベルです。

皮膚は黒くボツボツのあるアトピー肌です。

自分の感想ではアトピーがひどかった時期に比べるとずいぶんよくなってきてると思っています。

もちろん皮膚科の先生から言わせれば全然普通の肌とは違うというレベル。

でも、コレクチムもプロトピックもどちらも効果が出てきていて白くなってきています。

じゃあ結局どうなんだって事なのですが比較してみると・・・・

 

コレクチム軟膏

塗った個所のかゆみがなくなりました。

塗り始めたことは若干の火照りがあったのですがすぐに気にならなくなりました。

掻かなくなったので炎症も治っていき白くなってきているという感じでした。

重度のアトピー患者に効果があるのかは僕自身を対象にした検証だったので正直わかりません。

もし、効果が薄くても使い分け・・・

最初はステロイド軟膏を1週間ほど塗ってかゆみを落ち着かせてからコレクチムに移行するのが

いいですね。

(2020年9月22日追加)

コレクチムをしばらく使って分かったのですが痒みのある所に塗るのは問題ないです。

ただ、かゆみの無いところに塗ると被れてしまうのか炎症して逆に痒くなってしまうこともあるみたいです。

特に僕は顔には合わなかったみたいです。

体は痒い所にコレクチム、炎症部分にはステロイド

顔にはプロトピックがいいと思いました。

プロトピック軟膏

この軟膏もアトピーの治療に効果的な軟膏です。

プロトピック軟膏は炎症を抑える薬で赤みがかった顔の炎症を抑えてくれたりします。

この軟膏も塗り始めは火照ります。

炎症を抑えてくれるのでかゆみも収まりアトピーが治っていくというスタイルなので

上のコレクチムとは別のアプローチになります。

かゆみはないけど炎症が酷い、白い肌に戻したい。

そんな人にはお勧めの軟膏になります。

ステロイド軟膏

ついでに従来からの強力な軟膏。

ステロイド軟膏も簡単に紹介しておきます。

ステロイドは元々体の内部で作られる成分なのですがアトピー患者さんはそれがうまくできません。

なので変わりに外からステロイド軟膏を塗ったりするのですが注意事項がありまして・・・・

長期使用には向かないということです。

使用上の注意は

一日に2回、朝と夜に薄く塗る

長期の使用をしない、1週間使ったらしばらく使わない・・・(ほかの薬に切り替えて治療は続ける)

などがあります。

炎症部分には強い効果が見られますが皮膚科のお医者さんとよく相談をして使ってください。

 

スポンサーリンク

コレクチム軟膏はどんな薬?

皮膚のかゆみ、炎症を抑えバリア機能をキープしてくれる薬です。

まだ発売したばかりの新薬なので副作用などの報告は上がっていませんがアトピー専用の塗り薬として

発表されました。

あくまでも僕のイメージになるのですが以前紹介したデュピクセント注射が針を使って体の中に入れる薬だとすると

このコレクチム軟膏は塗り薬で皮膚の上から効果が出るものだと思います。

なので硬い皮膚には薬が入りづらく効果が出にくいとお医者さんも言っていました。

今後はどうやって使っていくか?

アトピー軽度の人はそのままコレクチムを使い始めても効果はあると思われます。

しかし重度のアトピーの方は使ってみなければわからないので

重度のアトピーさんはコレクチムとステロイドの併用をしてかゆみ、炎症を抑えていく。

お金をかけられる人はデュピクセント治療をして落ち着いたらコレクチムに切り替えて治療を

始めるなどの方法があると思います。

いずれも今まで使ってきたプロトピックの代わりになりえる薬だと思いました。

まとめ

今回僕は本当に運用されるのを待っていた薬を使いました。

実際使ってみて肌は白くなっていき効果は驚くほどでした。

ただ、アトピーはなった原因などで治療法も異なると思いますのでこれを使えば必ず良くなるとは限りません。

効果が出てきて一時的によくなってもその根本の原因が解決していなければまた戻ってしまいます。

それでも今回紹介したコレクチム軟膏は使ってみたほうがいい薬だと思います。

まだ取り扱ってるお医者さんも少ないとは思いますが気になった方はお医者さんに相談してみるのもいいと

思います^^

アトピーは直す意思こそが一番重要だと思います。

一緒に頑張っていきましょう!!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました