何時間寝ればいい?効果的な睡眠について考えてみよう

睡眠のアイパッチ雑記

こんにちはももっちです。

今回は睡眠について調べてみたので記事にしてみました。

睡眠はアトピーはもちろん生活の全ての基盤になるくらい重要なものです。

ここで勉強したことを意識して生活していきたいと思います。

このブログは僕、ももっちが過去の自分、未来の自分のために気になったことを

記事にしています。

今のメインはアトピーについて書いていますが実は雑記サイトです。

色々な記事を書いていくので気になったら覗いてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

そもそも何時間くらい寝ればいいの?

僕が今まで生活してきた中で一番いいと思った時間は7時間の睡眠がよかったです。

僕の生活スタイルは夜11時に寝て朝の6時に起きます。

今の仕事の関係もあるけどこの時間の生活サイクルになりました。

ただ、睡眠時間は人によって異なるようです。

自分にあった睡眠時間を見つけるのが一番だと思います。

社会人には贅沢な話ですが起きる時間を決めないで(目覚まし時計を使わない)寝る時間だけを決めて

自由に起きてみれば自分に適切な睡眠時間が分かると思います。

後、気をつけなければいけないのが寝過ぎですね。

人は睡眠時間が短すぎても、長すぎてもダメなんです。

睡眠時間が短いと集中力が低下して仕事効率も下がります。

逆に長すぎても気分が重くなり寿命も短くなってしまします。

休みだからとダラダラしないで平均的な生活スタイルを心がけるのが

一番だと思います。

でも、休みの日にダラダラ生活するのはとても気持ちいいんですけどね

 

ショートスリーパーとは

短時間の睡眠でスッキリと目覚めることができます。

1日に3時間しか寝ないわけではなく数回に分けて寝ることで

頭をリフレッシュします。

主に遺伝だったり自営業向けのスタイルですね

ロングスリーパーとは

睡眠を長時間しないと眠気が取れないタイプです。

これも遺伝なので治すのは無理だと思います。

ただ、10時間以上寝るとちょっと心配してしましますね。

 

スポンサーリンク

朝型?夜型?どっちがいいかな?

それはもちろん朝方の方がいいですね。

人は古来より太陽が登ったら起きて沈んだら寝るというスタイルなので

現代もそれに近い生活スタイルがもっとも適していると思われます。

ただ、仕事によっては夜型にしないといけないと思うので睡眠サイクルをしっかり

するということは心がけないけいけないです。

僕も夜勤の仕事の経験はあるのですが元々が朝型の人間だったので

夜勤中のコンディションは最悪でした。

もしあなたが夜勤の仕事をしているなら健康のために昼間の仕事を探すのもいいと

思います。

 

効果的な睡眠方法

いろいろと方法はあるけど僕がやっているのは上でも書いた通り生活スタイルを固定することです。

いつも決まった時間に寝て決まった時間に起きる。

平日も休日も関係なくサイクルを固定してしまえば寝る時間に眠くなり起きたい時間に

起きることができます。

後はお金はかかってしまいますが寝具に力を入れるのもお勧めです。

枕も専門店に行き自分にあった枕を使うことで深い眠りにつくことができます。

これは試してみなければ実感が湧かないのでお勧めです!!

 

 

睡眠方法についてはこれだけで1記事かけてしまうので詳しくはその時リンクをつけますね。

 

眠れない・・・そんな時は?

いつもと同じ時間に起きて昼寝もそんなにしてないのに眠れない・・・・

そんな時ってありますよね?

おそらく体か心のどちらか、もしくはどっちもが緊張している状態だと思います。

その緊張をほぐしてあげることですぐに眠ることが出来るようになるはずです。

寝る直前までスマホやゲームをやってしまうと目が緊張してしまいすぐに寝付けなくなってしまいます。

なので寝る1時間前はスマホやゲームをやめて目を休めましょう。

 

 

無理です!!

 

現在の環境でスマホは欠かせないものです。

ネットで情報も得られるし読みたい本をスマホを使って読むこともできます。

ただでさえ時間のない現代寝る直前までスマホを使いたいですよね。

ここで僕はブルーライト対応のメガネをつけています。

一番いいのはスマホを使わないことがいいのは分かるけどそれが無理なら

少しでも軽減させる方法を使えばいいと思います。

なので僕は普段かけるメガネも全部ブルーライト対応のメガネにしてしまいました。

 

体の緊張をほぐしてあげる方法は適度の軽い運動をしてあげることです。

ハードな運動をしてしまうと逆に体が温まり覚醒してしまうので

本当に軽い運動です。

全身に軽く力を入れてその後力を抜く・・・・

それだけで緊張はほぐれるはずです。

イメージは体をスライムみたいにずーと伸ばしていく感じです。

オタクはイメージトレーニングが得意です(僕だけ?)

右手に闇の力を集めるように体をどこまでも伸ばしていきましょう。

そうするとだんだん体の緊張もほぐれてきますよ。

ハンモックで揺られるとだんだん眠くなってきますよね?

自分にとって眠くなるイメージってあると思うんですよ。

海で揺られるのか、海にどこまでも潜っていくのか。

そんなリラックスできるイメージをしながら横になるだけで眠りやすいと

僕は思います。

 

まとめ

睡眠は生活の中で一番大切な基盤となるものです。

これを疎かにすると1日のパフォーマンスに影響が出るくらい大事です。

毎日自分にあった睡眠時間を見つけて行動しましょう。

眠い時は無理しないで寝る。

起きた時はダラダラしないですぐ起きる。

体は正直です。

効果的な睡眠を得るには環境も大切です。

寝具にお金をかけることはとても大事だと思います。

だって生涯の約半分は睡眠時間に使っているのでそれにお金をかけることって

不思議じゃないですよね。

好きなことをするために削られがちな睡眠ですが実は一番大切なので

むしろ睡眠を意識した生活に変えることも大事だと思いました。

 

この記事が面白いと思ったら拡散していただけると嬉しいです。

これからも為になる面白い記事が書けるように頑張って更新していきます。

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました