ロードバイクのルール改正!!煽りにならない運転をしよう

自転車の煽り行為について雑記

しばらくはアトピー関係の記事を書くつもりでしたがニュースで煽り運転について

やっていたので何気なく見ていたらどうやらロードバイクにも煽り行為が存在

するみたいです。

楽しくサイクリングできるようにちゃんと知識をつけて運転していこうと思います。

スポンサーリンク

ルール改正、ロードバイクにも煽り行為がある?

自転車の煽り行為とは僕が調べた中には

  • 逆走して進路を妨害する
  • 幅寄せ
  • 進路変更
  • 不必要な急ブレーキ
  • 車間距離不保持
  • 追い越し違反

などがあるみたいです。

特に気をつけなければいけないと思うこと

あまり自転車のルールを気にしていない人で逆走して走っている人が多いと思います。

車に乗っていて怖いと思うのがママチャリで逆走して向かってくるおばちゃん。

多分ルール知らないと思うんだけど今後これで問題になってしまうと罰金も発生します。

3年以内で赤切符を2回以上つけられてしまうと講習に行くように言われ

それを無視すると5万円の罰金が発生してしまいます。

知らなかったでは済まされない問題になってしまいますよね。

ロードバイクに乗っている人はある程度のルールは守ってサイクリングを楽しんでいると

思います。

これも煽りなの?

不必要な急ブレーキ、これはわかりますね。

車の運転者視点でみても隣で走っている自転車が急にブレーキをすると危ないからこれは

まだわかります。

僕が疑問に思ったのが自転車の追い抜きです。

僕の解釈では余裕を持った自転車の追い抜きであるならば問題はないと思っています。

まだ6月にこのルールが改正されたばかりで記録が少ないものあるんですが

ここで言う自転車の追い抜きと言うのは、僕の大好きな「弱虫べダル」のキャラクターたちがやるような自転車レースでの追い抜きみたいなことだと思います。

自転車に乗っている人、車に乗っている人が危ないと思わせないようにすれば

危険行為、煽り行為とみなされないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

僕は仕事に行くために車にも乗っていますし趣味でロードバイクにも乗っています。

だからこそどっちの観点から見て危険行為を考えることができるけど

それしかやってない人には分からないことかもしれないですね。

自分がもし車に乗っていたらローディがこう言う行為はして欲しくないと言う

行動をしないように心がけることが大切だと思います。

細かな自転車のルールをここに書くと莫大な記事になってしまいますので

今回は自転車にも煽り行為があると言うことを覚えていってくれると嬉しいです。

楽しいサイクリングを楽し今まで終わらせるようにしっかり考えて行動しましよう。

 

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました