脱ステロイド、ディピクセントやるならもう一つやってみよう!!

go-rumadeアトピー

こんにちは~ももっちです。

最近はデュピクセント治療をやっている人も増えましたし、今も脱ステロイドで頑張っている人も

います。

そんな人たちに少しでも参考になれればと思い今回はこの記事を作ってみました。

脱ステロイドってみなさんなんでやっているんですか?

もちろんステロイドの副作用を取り除いてきれいな肌に戻すためですよね?

デュピクセントをやっている人はいつまで高価な治療を続ければいいか不安に

なりませんか?

いくら高額医療控除が受けられるといっても月に払う金額は高いはずです。

収入が不労所得も併せて消費を上回っているから平気だよ!っていう人も少ないと思います。

今回は二つの治療法と体質改善について記事にしてみました。

スポンサーリンク

脱ステロイド

そもそもみなさんはどういった経緯で脱ステロイドを決意したのでしょうか?

病院のお医者さんに言われたから?

ネットでステロイドはダメだと言われたから?

民間医療の方針によるもの?

色々な理由はあると思いますがとてもつらい思いをしていると僕は思います。

だって僕も昔脱ステロイドを経験していますから^^

でも脱ステロイドのちゃんとした方法はわかりますか?

ただ、ステロイドをやめればいつかアトピーがよくなる?

ちょっとイメージしてみましょう。

脱ステの状態と流れ

ステロイドを長く使っていると副作用が出てきます。

そしてこの薬を使っても炎症を抑えることができなくなる・・・・

これが脱ステロイドのスタートだと思います。

1 今は痒みを抑えるためにステロイドを使いました。

2 ステロイドの長期使用及び使い方の問題で効かなくなってきた。

3 脱ステロイドを決意!!(今ココ)

みなさんのイメージではステロイドさえ抜けてしまえばきれいな肌に戻る!!

そう思っている人は多くないですか?

だから本当はもうステロイドは抜けているのにきれいになるまで何か月も脱ステロイドを続けてしまう。

僕は脱ステロイドをしてもステロイドを使う前のアトピーのはじまった痒い状態に戻るだけだと思っています。

ただ、まったく無駄だと言っているわけではなくある程度ステロイドを抜けばまた効果が出てくるはずなので

強いステロイドを使い一気に皮膚の状態を良くして徐々にレベルを落としていく普段の治療に戻すのが

いいと思います。

ただ、またステロイドを使うのに抵抗もあると思うので脱ステをしている段階で体質改善をしてみるのも

どうでしょうか?

スポンサーリンク

デュピクセント

デュピクセントについてはまだ始まったばかりの治療法ですし長期治療でどのような副作用が出るか

まだわかっていません。

ただ、使っていくことで値段の心配も出てくるだろうしいつまで続ければいいのか?

という心配は脱ステロイドと同じなので一緒に記事にさせてもらいました。

正直に言いますと僕はデュピクセント治療をしていません。

高額医療控除を受けても一本1万前後くらい?(人によって値段は上下するらしいです)

なので僕は少しでも貯蓄率を上げたかったのでやりませんでした。

今生活するだけならやってみてもいいのだけど将来のためには今のうちに投資などして貯めなければいけない

ですからねw

なのでやっている人でもなるべく早く治療を終わらせて通常治療に戻したり完治を願っているのでは

ないでしょうか?

そのためにもデュピクセントをやっているうちに体質を改善してアトピーに負けない体を作りましょう。

 

体質改善について

栄養素で治そう

人に必要な栄養素、5大栄養素っていうのですがそのバランスが偏っていたりまったく取れていないと

体の中でうまく機能しなくなりアトピーだと体内に炎症が起き、それが外の皮膚に現れます。

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

この5つですね。

中でも日本人はビタミン、ミネラルが不足していて脂質がオメガ6に偏りがちでオメガ3が足りない傾向になると思います。

特にビタミンとミネラルを意識して取るようにするだけでもずいぶん変わると思いますよ。

アトピーの体質改善、ビタミンの力
こんにちは~ももっちです。 実は今アトピーの治療でビタミンに注目していて治療をしている最中です。 現在3週間ほどビタミンを摂取し始めましたが肌のいい所はより白くなり悪い所もだんだん白くなってきています。 初めて1週間くらい...

姿勢を直せば体質も変わる

アトピーの人って猫背が多いと思いませんか?

実は僕も猫背です。

意識して背筋を伸ばすようにしていますが気を抜くと猫背になってしまいます。

猫背になると血流が偏ってしまいます。

そうなると体全体に栄養素を行き届かせることができなくなり病気になってしまいます。

だから気が付いた時でいいから体を起こして軽くストレッチしてみましょう。

両手を伸ばして体を広げるだけでもいいし体が硬くなってしまうと体を動かすのも

億劫になってしまいます。

暗い部屋でじっとしていた方が楽に感じる・・・・

それは性格というわけじゃなくてストレスや病気で副腎が疲弊していて

コルチゾールという元気の出る物質を作れなくなってるからなんですよ。

栄養を正しく取って副腎が正常な状態を取り戻してくると動く活力が出てきますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕のライティング能力ではうまく伝えることができないのがつらいのですが

デュピクセントをやっている人は今のうちに体質改善をしていつ治療をやめてもいいように

準備をする。

 

脱ステロイドをしている人は体質改善をしない限りゴールは来ないので体質改善にも力を

入れるということを心がけてください。

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました